ないちゃんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 理論と現実 PC-SOD

<<   作成日時 : 2016/01/05 20:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

慶応大学薬学部を中心とした研究で、COPDやIPFなどの間質性肺炎に効くというふれ込みだったPC−SODという薬品がある。
端的に言えば、これらの疾患には活性酸素が深くかかわっている。
活性酸素はそれ以外の疾患にもかかわっているが、とりわけ酸素を直接吸い込む肺の疾患には大きな原因となっている。 という理論と若干のラットによる試験のもと この活性酸素の害を抑えるPC-SODという吸入薬品が、韓国と日本で、間質性肺炎患者を対象に試験が行われたが、一昨年の11月に副作用はなかったが、効果もなかった という結論が出された。
COPD患者に対してはまだ試験がなされていないが、理論からするとCOPDにも効果がなさそうであり、試験そのものがなされる気配がない。
活性酸素を抑え込めば、IPFもCOPDも抑え込めるという理論が間違いなのか、このPC-SODでは活性酸素を抑え込めないのかは、はっきりとした結論が出てないが、これまでの研究では少なくとも活性酸素がこの両疾患や喘息などの一つの原因であることは確からしい。
だがそれだけが原因でないこともどうやら確かになったようだ。
これを広げていけば、よく言われている水素がCOPDやIPFに効く というのも怪しげになってくる。
水素が効くというのは、活性酸素をおさえるから効く ということだが水素で活性酸素を抑えることができても「効く」という保証が小さくなったからだ。少し飛躍しすぎかもしれないし、単純に拡大解釈するのは生兵法で、それは大けがの元かもしれないのだが・・・・・・・・。
日本人が初めてノーベル賞を受けた中性子は理論が先行して、だいぶ後から実験で確認された。
昨年の日本人のノーベル賞は実験結果で、それまでの理論をひっくり返した。
医学はどちらが先行して発展してゆくのかわからないが、COPDやIPFが「治る」ようになるのは、いつのことやら全く見通しが立っていないことは確実らしい。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
理論と現実 PC-SOD ないちゃんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる