ないちゃんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 長寿試験の年齢

<<   作成日時 : 2016/02/02 20:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 1

メトホルミンという薬品がある。
糖尿病の治療薬である。もう古くから使われている薬で日本では欧米ほどには使われていないというが
そこそこ使われているみたいだ。
それが寿命を伸ばす効果があるといわれ、アメリカで3,000人のボランティアを集め、5〜7年かけて試験が始まるらしい。予算も相当かけるようだ。
マウスの試験では40%寿命を延ばしたといわれる。人間もそうなら女性は今86歳が平均寿命だから、120歳まで伸びることになる。男も110歳まで伸びる。
もしそうなると超々高齢化社会になってしまうが、健康寿命も伸ばすらしいので、100歳まで働く社会の誕生となる。マウスには効いても人には効かない あるいは効きが悪いというのはこれまで多々見られる現象で、小さな動物には効くが人のように大きな動物にはその通りにならないのは常識になっている。
でも5年でも寿命を延ばすとなると大変なことになる。
メトホルミンは癌を防ぐとか、血管を丈夫にするので脳梗塞や心不全などを減らす、要は加齢による疾患を減らすので長生きするなど言われるが、マウスの試験でも何故マウスが長生きしたのかのメカニズムははっきりとはしないようだ。
メカの追求は大事だが果たして人に効くかどうかが先だし、そう副作用のある薬ではないので、臨床実験ができやすいので始めるようだ。
そして3、000人は70歳〜80歳の人である。
私も歳はその中に入るが、なぜ70〜80かというと、5〜7年で生きてるか亡くなったかの結果を出すにはその年齢しかないからだ。
20歳〜30歳の人を集めてメトホルミンを飲んだグループと飲まないかったグループを5〜7年後に比べても、ほとんどの人が生きているので差が出ない。80歳を超えた人では、メトホルミンが効いてこないうちに亡くなる人が多すぎてこれも比較し難い。それに認知症になる人,そこまで行かなくても物忘れが強まり、
キチンと薬を飲んだくれるかどうか怪しくなり、臨床試験そのものが難しくなる。
長寿試験の対象年齢 なんだか寂しいが・・・・。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ないちゃんさん
此処にいらしたのですか〜!
嬉しいです、御案じ申し上げていました。
私の其の後・・・
奇跡です〜!
現在癌フリ〜の不死鳥に生まれ変わりました〜!
100と言う長寿は望みませんが今の人生少し人様にお返しがしたい心境です。
harumi,
2016/02/20 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
長寿試験の年齢 ないちゃんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる